紫外線光が原因となるサンタンが起きるメカニズム

長く、UVを受けると日に焼けるのは、多くの方がわかっているのです。日焼けする元凶となるUVとは、一体どういった物でしょう。

紫外線というものは、太陽光の1つであって、波長によりA波紫外線、B波紫外線・C波紫外線と大きく3つに分類することができます。ガラスの様な透き通った物では、太陽光A波自体を防ぐことはむずかしく、肌へと達します。ガラス窓ごしに太陽の光をあびていた時や、自動車の運転をする時でも、太陽光A波は通り抜ける為陽焼けしてしまうのです。

いっぽうで、紫外線光B波については雲でさえぎられるので、雲がかかっている日や、雨の日は減少します。気候によって照射量が変化しているUVの量というのは、此の紫外線光b波なんです。

UVC波が日に焼けてしまうことに関係はないんです。何故なら、紫外線光C波は雲を通過しないからなのです。

A波に関しては、硝子を通る事が出来るので、肌の奥にある真皮にまで通るのですが、有害度合で言えばB波程度じゃないといわれてます。

皮膚の日焼けしちゃうことを考えるとしたら、部屋で紫外線をうける為、常に対処法を取る必要性のあるUVなのです。皮膚の色は黒っぽくなってしまう事が、日焼けの作用ではじゃ無いんです。シミや肌のくすみが増えて、肌のたるみや肌の老化の元にもなってしまうものなのです。

紫外線でサンバーンをするのは、皮ふをガードするためにメラニンの色素を上昇させる、言ってみれば防御策です。黒く焼けた皮膚は健康な印象を人に与えるのですが、美容の観点から考えるとお肌にとってはいいこととではない訳ですから、日焼け対策が重要です。